専用の服装も準備しなくてはいけないホットヨガ体験のすったもんだ

自分の姉と母はエネルギッシュな人たち

自分の姉と母はエネルギッシュな人たちです。
それは時にドライブや買い物のような趣味であったり、時にボランティアのような社会に貢献する活動だったりなどします。
場合によっては仕事で疲れているはずの金曜日に他県に出かけていく事も度々ありました。
そんな姉と母は現在、別々に暮らしているので一緒に行動する事はなくなったものの、2人がホットヨガ体験を申し込んだのは同じ屋根の下もとい実家暮らしをしていた時にまで遡ります。
先述したように姉と母は何かに励まなくてはならないような性質です。
逆に自分はそれとは別で、1人でゆっくり過ごしていたい人間ですが、ホットヨガ体験の際には2人の事情に巻き込まれてしまいました。
結論から言えば姉が仕事の事情で体験に参加できなくなる事が確定してしまい、急遽自分が代理として参加させられる羽目になったのです。
当然反発し、「それならキャンセルにしたほうがいいのではないか」と提案しましたが、「もったいない」と反論する母に折れるかたちで渋々了承する事にしました。
しかしそこから既に騒動と言うにはくだらなくて小さすぎる、すったもんだが始まったのです。
「ホットヨガ」がヨガの一種で、室温も湿気もある室内で行う事は知っていたものの、いざ体験するとなると準備しなくてはいけない代物がある事を思い知らされたからに尽きます。

今年お初のホットヨガ(☆∀☆)

受付、大好きなおふたりで
めちゃめちゃテンションアップ😁💖 pic.twitter.com/XbMg5Jphxn

— ちかこ☆Chikako (@Sweetiecool2) January 8, 2020

自分の姉と母はエネルギッシュな人たち自分の悩みどころは服装でしたサイズに悩まされる事に、、